ECショップで売れる商品画像とは?

こんにちは、ECサポート事業部です。
ご覧いただき、誠にありがとうございます。

SEO対策や広告費用をたくさんかけて、集客しても、
そもそもの商品ページが見ずらい、分かりずらいなど魅力的なページでないと、
せっかく訪れたお客様を失ってしまう結果になってしまいます。

売上を上げるためにはアクセスを上げるだけでなく、転換率を上げることも必要です。

そこで、「今回は売れる商品画像とは?」で重要なポイントを考えていきたいと思います。
ぜひ、参考にしていただき、転換率を上げる商品画像を目指していきましょう!

最後までお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

商品はキレイに見せる!

商品をキレイに見せることは売れる商品画像の基本中の基本!
今さら言うまでもないのですが。。。

意外と落とし穴が多く隠れていたりするものです。

商品画像を加工すれば、きれいに見せることも可能ですが。
商品そのものをきちんと撮影することに最大限の注意を払うことが必要です。

例)商品自体に汚れがあり気づかず撮影。(指紋、手あか、傷)など。
アクセサリー、時計、革製品などはしっかりと手袋をして撮影するようにしたいですね。
細かいところで言うと、時計の針の位置などこだわる要素はたくさんあるかと思います。
プロのカメラマンであっても、しっかりと商品への思いを伝えることがとても大切です。

ECショップでの商品の販売は、当然ながら商品そのものを手にとって見ることができません。

購入者は、商品画像と商品説明を頼りに商品の購入を決めるしかないのです。
商品画像が最も重要であることが理解できると思います。

そのことを強く留意し、商品撮影指示をしっかり出すよう心がけていきましょう。

商品画像の中にキャッチコピーがある

楽天、ヤフーショッピングでは、商品の第一画像では推奨されています。
商品のサムネイル画像で、クリックを獲得できるかはこの商品画像に
かかっていますから。当然と言えば当然です。

こちらも商品のイメージにもよりますが、高級感を売りにした商材に
送料無料とか数量限定、今ならポイント倍などの文字入れも考えものです。

商品名や販売価格などの割安感を訴求することも重要な要素ですが、
それ以外に商品の中に「この商品の詳細を見たい」と思わせるキャッチ
コピーがあれば、クリック率を高め、さらには購入者に選ばれる可能性も高まります。

■ベネフィット感を訴求するシンプルなキャッチを入れる。
この商品を使用すると、どんな高揚感が得られるかを想起させる。

■ターゲットへの呼びかけをするキャッチに入れる。
など、いろいろと工夫したキャッチコピーを考えて入れてみましょう!

クリック率や転換率が伸びないようであれば、適宜変更していくことで
購入者に響くキャッチコピーを探してくことが上達の近道となります。

商品購入後の「使用感」がイメージできる

どの商品でも使用感がわかる画像は、とても重要ですが、特に、アパレル、
アクセサリーなど体に身に着ける商品ではこの手法は必須です。
モデルさんに着せてイメージを伝えたほうが、断然クリック率も高まります。

商品をマネキンやトルソーに着せて商品撮影を行う場合もありますが、
購入者は商品に対して、良いイメージを受けるのは、モデルさんが着用している
商品画像のほうが自分の着用後のシーンをイメージしやすいからです。

特に装着する商品については、必ず商品ページに盛り込むようにしましょう。

 

 

商品のイメージに合わせてフォントを変えてみる

フォントはデザインの印象を決める大事な要素です。
選ぶフォントによっては、大きく印象がかわります。

商品や商品ページによって、「高級感」や「見やすさ」「かわいいらしさ」
などをフォントで表現することで、商品の魅力がぐんと上がります。

明朝系のフォントを使用していると高級感や欧風なイメージになりますが、
ゴシック系を使用すると、チラシ広告のようなイメージになってしまうことも
あります。
いかにフォントを変えるだけで、印象が変わってしまうかがわかるはずです。

下の画像を比較してもわかるように

ゴシック系で割安感やお得感を見せる。

明朝系で高級感を演出する。

 

フォント選びも商品画像を作成するうえで重要な要素だとご理解いただけたと思います。
・高級感を演出したい場合やキャッチ、→明朝系
・機能紹介や説明文に向いてるテキスト系→ゴシック系

上の画像で使っているフォントは全てフリーフォントとです。

きれいな明朝系のフォントなので、使いやすいです。
ゴシック系は、見やすい書体として評価の高いモリサワ新ゴの書体と似ているので
よく使用しております。

■フリーフォントの素材のダウンロードはこちら>>

売れる商品画像を作る方法

では、実際に商品画像を作るにはどうしたらいいのか?
商品画像を作るためには、専用の画像加工ソフトウェアが必要となります。

有名なところで言えば、
Adobe社の「Photoshop(フォトショップ)」というソフトです。
もちろん、納得いくクオリティの高い画像制作となりますと
ある程度の技術が必要となりますが。

現在、最安で月額980円でフォトショップが使用できるプランもあります。

また、無料で使える画像処理ソフト「GIMP」というソフトもあります。
フォトショップを少し触ったことがある方なら、すぐになれるかと思います。
有料のフォトショップを使用する前に、こちらを使用して練習するのも良いかも知れません。
ご興味のある方は、下記のサイトからダウンロードできますので、ぜひ試しに使用してみてください。
使い方などは、検索すれば紹介されています。YouTubeの動画などでも少ないですがありました。

高価な有料グラフィックソフトにも引けをとらない多機能性も魅力です。
レイヤー機能はもちろんのこと、エフェクトやブラシなども豊富に揃っていますので
試しにいじってみるのも良いかもしれませんね。

【窓の杜サイト】
■GIMPのダウンロードはこちら>>

あとがき

「売れる商品画像とは」と言うことで、書いてきましたが、
ご紹介した内容以外にもまだまだ、たくさんやるべきことはあります。

ご存知の通り、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングなど、各モールの特色は違います。
楽天では、Amazonよりに背景や画像の文字入れについてのガイドラインが
ユーザーアンケートに基づいて、変更されてます。
情報量が多すぎる画像は、結局ユーザー視点から考えると良くないという事だと思います。

今回の記事が、商品画像を考える上で、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

また、ECサポート事業部でも、商品画像制作代行の業務を行っております。
作業時間が取れない時、ご自身でどうしてもクォリティ高い画像が制作できそうもないな
と思うときには、ぜひご相談くださいませ。

■「お申込みはこちらから」>>

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社イーウーパスポート・ECサポート事業部
東京オフィス常勤

イーウーパスポート【ゴールド会員】のご案内

関連記事