中国豆知識~春節の風習について~

皆さま、こんにちは!
イーウーパスポートの安中です。

早いもので、2019年もすでに約3週間が過ぎようとしています。
もう新年のムードではないですが、それでも☆::*Happy-New-Year*::☆です!

皆さま今年の目標はすでに立てられていると思いますが、
私の今年の目標は「健康&素敵な殿方を見つける(笑)」です。
目標に向かって猪突猛進している方も、まだまだこれからの方も、共に新たな年(日本は年号が変わります)に向かって邁進していきましょー!

まもなく中国の春節(旧正月)が始まります。
旧暦を見ますと、今年は2月4日が除夕(大晦日)、2月5日が正月初一(元旦)にあたります。
そこで、春節にちなんで皆さまへ春節の風習についてご紹介したいと思います。
ご存知のとおり、中国には56もの民族(漢族+55の少数民族)があり、各地域により風習も異なっております。
まだイーウーで春節を過ごしたことがないため、今回は私が知る一般的な東北地域の春節の風習について紹介していきたいと思います。
風習についてご紹介する前に、新年の挨拶で使える中国語挨拶文をいくつか紹介したいと思います。
(※担当へ送るときっと喜びますよ!)

~新年の挨拶~
●「新年好!」あるいは「新年快乐!」明けましておめでとう!
※元旦ではなく、春節が新たな年の始まりとなります。
●「猪年吉祥」猪年が幸運でありますように!
※「(干支の年)+年吉祥」の表現は干支を変えるだけで毎年使えますよ~
※日本では「猪」は「イノシシ」を意味しますが、中国では「ブタ」を意味します。
●「身体健康」健康でありますように!
●「万事如意」万事が思い通りでありますように!
●「心想事成」願いが叶いますように!
●「恭喜发财」お金持ちになりますように!
●「事业发展」事業が発展しますように!
●「全家平安」家族全員が平和でありますように!

~春節の期間~
■旧暦の一月一日
元旦の朝、若者(孫)が目上の者(祖父、祖母)に新年の挨拶をし健康を祈ります。
目上の者は若者に事前に準備しておいた赤いお年玉袋の「压岁钱」(お年玉)をあげます。
※働いている大人の人は残念ながらお年玉をもらうことができません。。。
※中国語でお年玉「压岁钱」の「岁sui」と、邪悪なもの「邪祟」の「祟sui」が同じ発音からお年玉をもらえば、一生無事に過ごして行くことが出来るという意味があります。

■旧暦の一月二日
嫁いだ娘が夫と子供を連れて、実家に新年の挨拶に帰ります。

■旧暦の一月三日から一月七日まで
旧暦の一月三日から一月七日にかけて、親戚や友人を訪問してご飯を食べたりお酒を飲んだりします。
同級生、友人同士で集まると色々とバカ騒ぎしますよね~どこの国も同じです!

■旧暦一月八日
旧暦の一月八日は仕事始めとなります。
国家行政機関、銀行、デパートなどが通常の業務に戻ります。

■旧暦一月十五日
元宵節は年が明けてから最初の満月の日(陰暦15日)です。
元宵節には「元宵」を食べる風習があります。
満月のように丸いお団子は、「团团圆圆(一家団欒・家庭円満)」という意味があり、縁起が良く幸福を象徴する良い食べ物です。
小豆餡、ゴマ、木の実などの具をもち米の粉で包んで煮たもので、甘くてスイーツ感覚で食べられます。
この元宵節をもって春節の終わりとなります。

~春節の風習~
◆飾り付け
・赤い灯篭(提灯):毎年、春節から旧暦一月十五日の元宵節にかけて赤い灯篭(提灯)を灯します。

・对联:門の両側に対になっている縁起の良い言葉が書かれた細長い紙を貼ります。
ほとんどの家庭は市販のものを買いますが、伝統を重んじる家庭は自分たちで書いたりもします。

・福字:福の字が書かれた赤い張り紙を逆さに貼ります。意味は「福が来る」。

・年画(切り絵):伝統的な民族風習である年画(切り絵)の飾りを入口、寝室の壁、窓などに貼ります。
貼る年画(切り絵)の内容は様々なものがあり、人々の幸せな生活、夢や理想が描かれています。中国神話・伝説・戯曲・風景・民間故事・招福など様々な内容のものがあります。

◆年夜饭(年越しの食事)
日本でいうところの年越しそばは、東北地域は餃子になります。
家族全員で餃子を手作りし、中の具も家庭により異なっており、餃子の形が昔のお金の形に似ていることから餃子を食べると裕福な年になるという願いが込められています。
ちなみに私が一番好きな餃子の具材はセロリ+豚肉です!
また、この年越し餃子にはカラクリがあり、包むときに中に硬貨を入れるのが習わしとなっています。
茹で上がった餃子を食べて、硬貨に当たった人は祝福されその年幸運が舞い込んでくるそうです。
そのため、みんな硬貨に当たるまで食べ続けるので食べ過ぎの傾向になります笑笑。
魚yuも春節の食卓には欠かせません!魚の発音が「余yu」と同じで、「年年有余」=「毎年余裕のある生活」の意味が込めれています。

◆春节联欢晚会
大晦日に行われる中国版「紅白歌合戦」です。
日本の紅白歌合戦のように歌だけではなく、様々な出し物や雑技、漫才、踊りがあります。

◆守歳(大晦日に夜明かしをする)
大晦日に家族みんなが集まり、年越しをします。
眠くならないようにトランプをしたり麻雀をしたりします。良い年が迎えられるように祈ります。

◆爆竹を鳴らす
年が明けると、まず最初に爆竹を鳴らして、爆竹の音で旧年を送り新年を迎えます。
※爆竹は大気汚染と騒音の原因になっているので、ほとんどの主要都市では爆竹禁止になっています。
中小都市や農村では爆竹の風習は残されており、ただし爆竹を鳴らす時間は制限があるようです。

◆拝年(新年の挨拶)
「拝年」とは新年の挨拶をするために親戚や友人宅を訪問します。
旧暦の一月一日に早起きし友達や親戚の家を互いに訪問し、新年の挨拶を交わします。
※ここで独身者にとって頭が痛くなる問題が出てきます。
親戚の家を訪問すると結婚適齢期の男女は必ず恋人はいるか聞かれます。
両親や親戚は子どもの結婚に対する期待が大きく、相手がいなかった場合、勝手に見合いやデートの計画を立てます。
私の知り合いの中国人の女の子も両親から早く結婚しなさいと言われており、本人が知らないところで話が進み、現在進行形で実家に帰省したら結婚する流れになっており、本人はかなり戸惑っておりました。
親が決めた相手と結婚するという昔の風習は中小都市や農村にはまだ残っていたりします。
恋愛くらい自由にさせてほしいですよね!
また、この問題を解決するために、中々面白い対策があり、春節の間だけ彼氏あるいは彼女のレンタルをするのです!彼氏彼女レンタルサービスはインターネットで見つけることができます。
詳細知りたい方は調べてみてください笑笑

皆様も機会がございましたら、是非中国で春節を過ごしてみてください。
日本のお正月とはまた違った雰囲気を味わえますよ。

株式会社イーウーパスポート・品質管理マネージャー。
義烏在住。

イーウーパスポート【ゴールド会員】のご案内

関連記事