中国からアパレルを輸入してみよう

皆様こんにちは!
イーウーパスポートの山口です。

今年の夏から中国元が下がり、仕入れコストが下がって輸入されている皆様にとっては追い風が吹いているかと思います。
ニュースでは悲観的な報道が多々有り、不安にかられますが、こちらに住んでいると
中国の景気が悪くなったという実感はまったくありません。
特に義烏の福田市場は年々家賃が上昇している最中、中国各地から店舗を借りたい、店舗を買取りたいといった
問い合わせがどんどん増えている様でまだまだ勢いに陰りは見えません。
当然商人魂と言いますか、投資精神溢れる中国ですので見込みのある立地だったりすると奪い合いも想像を超えており、
前金を支払って契約書を交わしても後から来た人間が売主に前契約者の前金以上の金額を提示、違約金に加えて
更に上乗せして買い取るといったような、日本では想像のできない争いが繰り広げられています。
具体例を挙げると今年3月に100万元で買った店舗(半分の店舗面積)が3ヶ月後には150万元で売れたなど、
オリンピックを控える東京でもここまで地価上昇はないのではないでしょうか。

本題に戻りますが、

中国からアパレルを輸入するにあたっての要点や注意事項

アパレルは一見簡単そうで実は難しいジャンル。流行り廃れも毎年変わりますし、
自身の興味の無い系統の服は売れるものがまったくわからないことも。
今回はアパレルは元々好きで取り扱いされることを前提に話を進めます。

背格好や見た目も似ている中国でも輸入して販売となるとそのままでは売れません。
工場から仕入れる場合、ジーパンのボタン穴があいていないなんてことも日本では考えられませんが、中国ではごく一般的です。
また、私も10代の時に海外で服を買おうとしたらSMLが書いていないことがあって困った思い出があります。
どちらもそもまま販売してしまうと低評価がついてしまうことは間違いありませんね。

中国でも基準はSMLではなく、中国独自の規格があります。

中国国家標準規格

中国ではGB規格という「中国国家標準規格」で、サイズ表記がされています。
GB規格のサイズは基本的に、170(身長)/84(胸囲)A(体型)で表記されることが多いですが、
業者によっては160-165/84-86(身長/胸囲)と表記したり、SMLや号型で表記、
はては世界の工場と言われる中国らしく、EUなどに出荷がメインの工場などではEUサイズも併記している場合もございます。
ちなみにYABCの意味は、Y=逆三角形体型、A=一般的な体型、B=部分的な肥満(メタボ)、C=肥満の意味合いがあります。

しかしサイズを参照して一致していれば100%問題ないというわけでもなく、
日本国内で販売されている衣類も同じですが、メーカーによってサイズ感は変わりますので、
どういった表記がされていてもサンプルを購入されましたら細かくサイズの計測をされることをオススメいたします。

中国アパレルサイズ早見表

早見表を作成してみたのでよろしければ参考にしてください。
※ソースや業者の表示によっては1サイズの誤差がありますし、細かい部分は日本サイズと完全には一致しませんので目安としてご利用ください。

※参考 3号74/55/85、5号77/58/87、7号80/61/89、9号83/64/91、11号86/67/93、13号89/70/95、15号92/73/97、17号96/76/99

中国語でのアパレル用語

アリババやタオバオで商品探しに使える単語をまとめてみました。
写真で探す機能もありますが、精度は商品によってバラつきがあります。
下記ワードで探すとアイテムに絞って検索ができますのでご活用ください。
このあとで説明しますが、販売準備で必要になる代表的な繊維素材についてもまとめました。

販売準備について

実は中国に限らず海外から仕入れた服はコスプレなどの非日常で着る服を除いてそのまま販売ができません。
アパレルは軽くてスペースも取らないので送料も安く、始めやすい商材と認知されていますが、
【家庭用品品質表示法】により、品質表示が義務付けられてますので一手間必要です。
この「品質表示」というのは服を購入すると必ずついている洗濯表示タグがそれにあたります。
個人で対応するとなると業者を探すのも一苦労、手っ取り早く日本で生産する方が多いのではないでしょうか?
タグの縫い付けはご自身でされたとして、ようやく販売ができるようになりますが、原価も手間もかかってしまいます。
弊社の会員様でしたら中国で少量から格安で作成できますし、洗濯タグだけでなく、ブランドロゴも対応しております。
弊社で縫い付けて出荷までしておりますのでFBA直送もOKですから是非ご活用ください。


洗濯タグの内容は?

洗濯タグを初めて扱う場合は何を表記するのか?
データはご自身で作成することになりますが、これはお持ちの衣類のタグを参考に簡単に作成できます。

表示が定められているものは
①繊維の組成
②取り扱い絵表示(洗濯表示)
③表示者名又は名称
④連絡先ですが、

任意で表示できるものとして
①ロゴマーク
②品番やサイズ
③付記用語(取扱い文章)
④原産国があります。

実は原産国は必須ではありませんが、折角タグを作るのであれば記載した方が良いかと思います。
一般的には繊維の組成、サイズ、洗濯表示、付記用語、表示者名及び連絡先、原産国で充分です。
管理の観点から品番を入れたり、多国間販売もされたい場合は英語等の表記もできます。
洗濯表示マークについては様々なサイトでダウンロードが可能です。

最後に

アパレルは何より写真が大切です。

タオバオなどの業者さんが使っている写真は使用可能か聞いてみると以外にOKをくれる場合もあります。
しかしこれはあくまで応急処置であり、画像のクオリティが落ちますので売れ行きに影響するばかりか、
仕入れ元に日本で売ることが分かってしまい、いらぬ事態を招くこともあります。

弊社でも商品単体撮影は7元、簡易モデル撮影は8元から、
モデル(別途)を手配しての本格的な撮影も対応しております。
できればプロモデルを使用しての撮影をした上で画像加工が望ましいですが、どうしてもご自身で
加工ができない場合は外部委託ができますのでまずはそこからはじめるのが良いかと思います。

長文となりましたが、少しでも中国輸入ビジネスをされる皆様の一助になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

株式会社イーウーパスポート・企画営業部マネージャー
義烏在住

イーウーパスポート【ゴールド会員】のご案内

関連記事