ゴールド会員ご利用方法のご紹介

皆様こんにちは!
イーウーパスポートの山口です。

ニュースでは中国について一部分の情報しか報道されておりませんが、まだまだ中国貿易は勢いがあり、新たに中国貿易を開始される方が右肩上がりで増加しております。

長くご愛顧いただいている会員様には今更と言う様な内容で申し訳ございませんが、弊社輸入代行サービスのご利用方法についてご紹介させていただきます。

イーウーパスポートってどんな会社?

 

イーウーパスポートは、2012年にサービスを開始した中国の貿易特区「イーウー(義烏)」における日系最大の貿易会社で、義烏、広州、香港、東京に拠点があり、皆様の中国貿易をサポートしております!
商品調査、買い付け、OEM/ODM、検品、国際運送のみならず、仕入れアテンド/ツアーまで、中国貿易で必要なサポートを全て行っておりますのでPC1台あればどなたでも中国貿易が始められてしまう代行会社です!

弊社貿易スタッフは全員日本語ができ、商品調査から発送までいつも同じ担当者が対応します。

更に日本人も現地に駐在しておりますので、仕入れアテンド/ツアーのみならず、日常的にサポートも可能です。

イーウーには多くの代行会社がありますが、

・検品自体が対応していない

・日本人がいない

・毎回手数料が発生する

・お金の流れが不透明で中抜きされている

・明らかに代行会社の不手際で連絡をしても音信不通

・返信が遅く数日待たされる

こういった代行会社のデメリットや懸念がある方は是非弊社をご利用ください!

定額制である他、自社で検品機能を所持し、日本人が常駐しておりますので安心して貿易を行える体制がございます。

 

下記にゴールド会員にご入会後の利用方法を解説します。

※フリー会員は非対象です。

調査から届くまで

 

Step 1 ~商品調査~

イーウーパスポートが買い付けできる業者、方法は多岐に渡ります。

日本に比べて中国のネット環境は発展著しく、近年のトレンドはECサイトのアリババ、タオバオ、゚テンマオでの買い付けが主流ですが、

勿論ツアーやアテンドでいらして頂ければ福田市場をはじめとした中国各地市場/問屋や、展示会での調査、買い付けが可能です。

依頼方法はチャットワークから担当者にご指示ください。

一般的に商品調査をご依頼の際には、
(1)商品名
(2)類似商品があればその販売サイトURL
(3)仕様(サイズ、材質等)
(4)予定仕入れ数量 ※必須
(5)希望仕入れ価格、予算(○○元以下、など)
(6)任意の質問/確認事項

このあたりの項目は必須かと存じます。

弊社にて検品指示書(エクセル)を提供しておりますので是非ご活用ください。

作成方法がわからない場合は日本人担当者がサポートさせていただきます。

回答速度については各店舗の対応によって左右されます。

日本ではありえませんが、数日待たされることもありますので早め早めのご依頼にご協力ください。

また、この時点で日本側の法律関連を必ずご確認ください。

中国貿易に限らず、輸入販売を行う上で様々な制限があります。

悪意がなくても問題が起きてしまうと販売者としての責任が問われてしまいます。

中国貿易で抵触しやすいものを挙げますと、

○食品衛生法

対象は食品・飲料、食品添加物と、食品に直接触れる器具および容器包装、 乳幼児が口に入れる可能性のある玩具(6歳以下)、食品や食器類を洗う洗浄剤等

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei04/08.html

○消費生活用製品安全法

丸型PSC:登山用ロープ(身体確保用に限る)、家庭用の圧力なべ及び圧力がま、ヘルメット(バイク用)、石油給湯機、石油ふろがま、石油ストーブ

菱形PSC:乳幼児用ベッド(24ヶ月以内が対象で揺動型を除く)、携帯用レーザー応用装置(レーザーポインター)、浴槽用温水循環器、ライター

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/shouan/contents/shouan_gaiyo.htm

○薬機法(旧薬事法)

医薬品、医薬部外品、医療用具、顔や肌に触れるもの(フェイスペイント等)、口に入れるもの(マウスピース等)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/

○知的財産侵害

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権などを侵害する物品

※並行輸入品であれば取扱は可能だがトラブル(実はコピー品だったなど)が発生する可能性があり推奨しない。

http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/index.html

○石綿・アスベスト

主に中国では車やバイクのブレーキパッドに使用されていることがある。

石綿・アスベストを含む商品はいかなる場合も日本に輸入不可。

○家庭用品品質表示法

繊維製品品質表示規程により日常的に着る服を販売する為には品質表示タグ(洗濯タグ)を付け、日本語表記、及び輸入業者の明記が必要。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/guide/fiber_top.html

○有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律

乳幼児(24ヶ月以内)の使用する繊維製品はホルムアルデヒドの規制が厳しく、おしめ、おしめカバー、よだれ掛け、帽子、寝具、下着、寝衣、手袋、くつ下、中衣、外衣の検出限界以下は16ppm以下となり、日本の検査機関での検査が必須。

http://www.nihs.go.jp/mhlw/chemical/katei/kijyun.html

○電波法

Wifi、LTE(携帯)、Bluetooth等無線製品の利用には電波法の許可が必要

http://www.tele.soumu.go.jp/horei/reiki_honbun/72001000001.html

○電気用品安全法(PSE)

・特定電気用品(116品目)菱形PSE

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/specified_electrical.html

・特定電気用品以外の電気用品(341品目)丸型PSE

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/non_specified_electrical.html

注意:PL保険加入推奨

 

このあたりが挙げられます。

ですが、これらは一部を除き禁輸ではありませんので、正式な手続きを踏むことにより販売が可能です。

費用もかかりますが、それだけ参入障壁がある商材はライバルも少ないので、本格的に参入される場合は取り扱いが簡単な商材よりも勝算が高くなります。

ですが、日本の法律とは別に物流会社の判断により荷受拒否をされるケースもありますので、上記の商材を取り扱う場合は商品調査依頼の段階で発送可否をご確認頂くことを強くお勧めいたします。

Step 2 ~買い付け~

発注は弊社専用のシステムより行います。

社内システムのため、使用方法等、詳しくはゴールド会員入会完了案内の添付資料をご確認いただき、ご利用ください。

このシステムでは注文以外には入出金、外貨両替、領収書発行、会議室予約、過去勉強会ビデオがご視聴いただけます。

一括管理することにより、資金の流れを透明化し、中国ではありがちな中抜き不正を防止、安全にご利用いただけるシステムとなっております。

いつでも日本円⇔中国元⇔香港ドルに両替が可能ですので3通貨が簡単に運用可能です。

※当社では売掛対応は行っておりませんので、予め余分にご入金お願いいたします。

 

入金はシステムトップページに表示されている会員様専用の三井住友口座に日本円で振込、またはペイパルもご利用頂けますので、事前の外貨準備は一切必要ございません。

注文が完了しましたらチャットワークにて担当者へお知らせください。

内容確認を行った上で買い付けを行います。

 

OEM/ODM注文の流れやポイント解説については弊社会員システム内の動画をご視聴ください。

 

尚、このタイミングで検品指示書を/FBA指示書を発注フォーム、またはチャットワークでご提出お願いいたします。

 

Step 3 ~検品~

 

中国では不良率10%が平均と言われておりますが、中には5000個中、4000個不良品だったりと想定を超える状況が発生します。

弊社を通じてご利用をいただいても取引先はあくまで中国の業者です。

一概には言えませんが、値段と品質は比例することが多いので、最安値業者は避けるのが無難です。

 

日本人基準での不良品基準は通用しないことも多々あり、担当者の業務の数割は間に入って業者との交渉が中心と言って過言ではありません。

ですが、不良品対応をしてくれる業者であっても、不良品交換にかかる返送費用は中国の商習慣によりお客様負担がスタンダードです。

商品の大きさや数にもよりますが、平均して数元~数十元ほどです。

 

中国貿易はどうやって不良品(トラブル)と上手く付き合っていくかが前提となりますので、時間とお金、労力はかかりますが、

品質の良い、対応の良い業者/工場を探し出すことが成功の近道と言えます。

 

検品は全て会員様の指示の内容に添って行います。

事前にサンプルでの品質確認は可能な限り行い、自身でも商品を理解し、具体的に検品依頼を行ってください。

加えて時期により、混雑している場合は順番待ちになることもありますので、季節物は前倒しで動いていただくのがベターです。

また、商品到着時に写真をご要求頂ければ到着商品を撮影してお送りすることもできます。

細かな仕様が異なっている商品を告知せずに送りつけてくる業者もありますので念には念を。

 

ここで検品についてのポイントをまとめました。

商品や取引先によって不良品箇所や問題は異なりますので具体的には書けませんが、下記1-5は共通して重要な項目かと存じます。

書き出してみると簡単なことで、

自身で取り扱っている商品を把握し、わかりやすく指示を出し、基準は明確にした上で伝える。

商売に限らず、一般的な会社員でも通じるものがありますね。

 

ですが、新規商品となると0からのスタートですので中々難しいかと存じます。

そんな時は各チャットワークに日本人担当がおりますのでサンプルを取り寄せた上で一緒に相談しながら改善させていきましょう。

 

Step 4 ~発送~

検品が終わりましたら不良数は報告、お客様の指示に従って不良品対応を行います。

いよいよ最終段階の発送となりますが、梱包について注意事項がございます。

弊社では無料で2重ダンボールと気泡緩衝材(プチプチ)を提供しておりますが、輸送中の化粧箱や商品の破損等はつきものです。

皆様飛行機に乗られた際に、海外各地でスーツケースを投げているのをご覧になられたこともあるかと思いますが、国際物流も例に倣って大差ありません。

中国出荷の国際便なことと、物流中の破損補償はあくまで運送会社の判断に寄ります。

トラブルを未然に防ぐためにも必要に応じて緩衝材のご購入をご提案させていただきます。

ここでも日本人社員に併せてお問い合わせ頂くことで、サポートさせていただきますのでお気軽にお声がけください。

弊社では数多くの運送会社をご利用いただけますが、どの業者を使用するのが良いでしょうか?

サンプル注文段階の場合は数が少ないと思いますので、他の商品と同梱するか、3kgまでは小口専用のZC便、3-20kgはスコアジャパンがお安く発送いただけます。

本発注の際は各社お選びいただけますが、価格表にも注釈を入れておりますとおり、送料とトラブル対応や発生頻度は比例いたします。

諸経費は安く抑えたいところではあるかと存じますが、なるべく航空便はOCS、船便は海源をお勧めいたします。

 

末筆

 

国際貿易と言っても代行会社を利用するとこの様に簡単にご利用いただけます。

ですが、日本の問屋から買い付けを行うわけではないので、慎重にことを進めても様々な想定外のトラブルが起きる可能性が払拭できません。

その分、利益などの見返りも大きいですし、まだまだ成長している分野でもあります。

近年では中国企業が東南アジアに工場などを移転させており、以前の高度成長期に近いものがあるかと感じます。

私が上海展示会で調査した業者は某アパレル量販店の生産元で、中国内に3つ、カンボジアに1つの工場を所持しておりました。

もちろん中国から買い付け、出荷可能です。

イーウーパスポート一同、精一杯皆様の事業の成功の一助となれるよう精一杯サポートさせていただきますが、あくまで国際貿易を行い、経営責任を負うのはご自身となります。

担当者(ビジネスパートナー)と良い関係を築いていただき、円滑に業務を進められるよう私含め義鳥におります3名で親身にバックアップできればと思いますので、トラブルが起きる前にご相談ください。

長文となりましたが最後までご拝読いただきありがとうございました。

株式会社イーウーパスポート・品質管理マネージャー。
義烏在住。

イーウーパスポート【ゴールド会員】のご案内