【速報】第14回広州買付ツアー

皆様、こんにちは!
イーウーパスポートの並木です。
今回は昨日終了したばかりの弊社「第14回広州買付ツアー」の模様をお伝えしたいと思います。

今回の広州買付ツアーは2018年11月8日~11月11日の日程で開催されました。
今回は総勢6組8名の参加者にお集まりいただきましたが、その中には皆様の記憶にも新しい今年9月に関西国際空港に甚大な高潮被害をもたらした台風21号の影響でツアー参加のキャンセルを余儀なくされた2名様にも満を持してご参加いただきましたが、この2か月の遅れを取り戻すべく、今回の買付ツアーに掛ける熱い思いを抱きながら広州までお越しになられました。その他にも非会員の方が3名、佐藤塾塾生の方も1名ご参加いただくなど、今回もバラエティに富んだ参加者が集いました。

初日の到着スケジュールが皆様まちまちだったこともあり、本来三元里の財布市場で開催される予定でした弊社社長佐藤による「買付レクチャー」は行わず、急遽希望者のみで宿泊ホテル周辺の散策をすることになりました。今回の皆様の滞在ホテルはいつも定宿にしている「华厦大酒店」ではなく、過去のツアーに参加されたご経験のある方にもなじみのない場所だったこともあり、ホテル周辺を散策している中で、お寺を参拝されたり、地元住民の方だけが行き交い庶民ムードが漂う路地裏を好奇心の赴くまま探訪したりと、大都会広州の違った一面を垣間見ながら中国への見聞を広げておられるようでした。

この後は、北京路にある香港屋台料理のお店「老冯茶居」にて中国人担当スタッフも同席しての夕食会となりました。久しぶりの再会を喜び合いながら挨拶を交わす参加者がいる一方、初めて担当者とお会いになった方は緊張の面持ちを浮かべながら、始めのうちはぎこちない雰囲気が漂い、なかなかコミュニケーションをとるのに苦労されているようでしたが、周りの雰囲気に促されたのか、次第に会話へと発展し、明日以降の買付にむけて一生懸命に打ち合わせをされておりました。食後は佐藤と参加者の皆様だけで店を変えて軽く飲み直し、この場で佐藤より買付や販売に関する「臨時講習」を受け、全員で熱く語らう姿がみられました。

いよいよ二日目からは、参加者の皆様の買付アテンドが本格的にはじまり、朝早くからスタッフを伴い、各々目的の場所へと向かっておりましたが、広州市内に点在している各種アイテムの市場巡りをする方だけでなく、生産工場での直接交渉を敢行される方もいて、早速初日より各自戦略を練って行動されているのが十分に伝わってまいりました。

こうして一日思い思いに買付や交渉に奔走した後、参加者の皆様には弊社の広州オフィスにお集まりいただき、社内検品ラインの見学会及び勉強会にご参加いただきました。検品ラインの見学では、数種のアイテムを検品作業員が手際よく手分けしながら黙々と作業をする姿に皆様一様に感心されていました。とりわけ、現在は非会員ではあるものの、日本での検品コストを減らす目的で今後代行会社の利用を考えておられる参加者の方からは「ここまでやってもらえれば安心ですね!」と今後の入会を後押しするほどのインパクトを受けたようでした。

その後は、勉強会と題して、参加者お一人お一人の本日の成果と明日以降の課題をフリートーク形式で語り合っていただきましたが、思った以上の買付や交渉ができた人からは自然とポジティブな発言が連発されていましたが、反対に求める価格や数量、品質に到達できず、明日以降の対応や動き方を軌道修正する必要が出てきた方からは、悲壮感にも似た表情を浮かべ弱気な発言が口をついていたものの、すかさず周囲の方たちからはバイヤー同士という部分ではライバルであるにもかかわらず、垣根を超えた暖かいアドバイスやエールが送られ、非常にほほえましい光景が繰り広げられておりました。

二日目にして早くも素晴らしいコンビネーションを見せつけていただいた今回の参加者の皆様でしたので、この後の日本風居酒屋「鳥けん」での夕食会ではさらに和気あいあいとした雰囲気の中でざっくばらんに語り合う姿が続き、お酒の量も自然と増えていきました。この後は日式バー「MUSE」でお洒落な空間の中、ワインを片手にまだまだ語りつくせぬ話に盛り上がり、広州二日目の夜は更けていきました。

最終日の三日目も朝からアテンドスタッフとともに市場に買い付けに出かける方もいれば、工場でメーカー社長と直談判を繰り広げ、商談の後にはランチをご一緒する方などベテランバイヤーそのものの方もいらっしゃいました。その一方で昨日の成果が芳しくなかった方は、勉強会で他の参加者から送られたアドバイスを引っ提げ、汚名返上とばかりに買付最終日にすべてを賭けていらっしゃいました。

また今回の参加メンバーで弊社の広州会員でもいらっしゃる河野様のご厚意で実際の買付の模様を撮影させていただきましたが、この日は天然石市場を中心に回られ、お目当てのアイテムを探すべく熱心に市場を隈なく回り、じっくりと品定めした後に、同行した担当スタッフの通訳を介して、タフな買付交渉を続けておられました。

こうして夕方には夕食会場である「华厦大酒店」内の中華レストラン「百楽門」に皆様が戻ってまいり、再びアテンドの担当スタッフも交えての最後の宴が賑やかしく開催されました。食事の中で特に印象深かったのが、昨日の失敗を糧にして最後の最後で希望のアイテムを探せた方の安堵した姿や、初日は遠慮がちで担当スタッフとも打ち解けることができなかった初参加の方が積極的に語りかけている姿でした。わずか3日間という短期間で人間はここまで成長し変われることを見事に実践していただいたこの方々が今回のツアーをより一層有意義なものに高めていただいたように思いました。

食後は参加者全員で恒例の珠江リバークルーズに乗船し、心地よい夜風に当たりながら船上から近代的な広州の夜景を楽しみました。このツアーでの出来事に思いを馳せながら、夜景を眺める方もいれば、船内のラウンジではもはや同志ともいえるぐらい意気投合した方々の語らいが続きました。

クルーズ終了後もまだホテルに帰りたくなさげな方々を引き連れ、場末感満載の地場食堂にて名物のワンタン麺とお椀に注がれた中国ビールで長い一日を締め括りました。この中には明朝6時にはホテルを出発しなければいけない方が3名もいたにもかかわらず、日付が変わるこの時間まで広州最後の夜を満喫されるのですから、このエルギッシュさと情熱をもってすれば、この方々の今後のビジネスの展望も自ずと明るいものとなるに違いありません。

年内最後となる次回12月の第15回広州ツアーは2018年12月13日~16日、春節期間を跨ぎ新年第一弾目となる次々回第16回広州ツアーは2019年3月21日~24日の開催となっておりますので、

広州はおろかまだ中国にもいらしたことのない方はもちろん、中国買付輸入ビジネスの起爆剤となる商材を何とか探し当てたいという方は、上述させていただいた今回参加された方々のように、この3泊4日という期間の中でどこまでご自身のビジネスに対する意識や視界が変わるのか是非自ら体感してみてはいかがでしょうか。

それでは皆様の広州来訪を弊社広州オフィススタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

株式会社イーウーパスポート・品質管理マネージャー。
義烏在住。

イーウーパスポート【ゴールド会員】のご案内

関連記事